ゲイ雑誌の表紙絵を多数手がけた作家・木村べんの特別原画展を11月4日まで開催中 ラグビーをテーマにした作品を展示

木村べん/STUDIOKAIZ(スタジオカイズ) アート・カルチャー
木村べん/STUDIOKAIZ(スタジオカイズ)
スポンサーリンク

ラグビーW杯開催にあわせて原宿にオープンした、LGBTとスポーツに関する情報発信施設「プライドハウス東京2019」にて、 ゲイ雑誌の表紙絵などで活躍したイラストレーターの木村べん氏 の特別原画展 「木村べん 特別原画展 ‘Rugby!’ @プライドハウス東京2019」 が原宿で開催中。11月4日まで。

 「プライドハウス東京2019」は、LGBT等のセクシュアル・マイノリティに関するポジティブな情報発信を行い、LGBTのアスリートや、その家族や友人、観戦者や地元の参加者が、安心して集い、自分らしく過ごせる期間限定のホスピタリティ施設。

 この施設で開催される特別原画展では、1970年代後半から2000年代前半までゲイ雑誌の表紙絵などで活躍した、イラストレーター木村べん氏の原画の中からラグビーをテーマとした作品を展示。 また、「プライドハウス東京2019」のスペース内では、漫画家 / ゲイ・エロティック・アーティストである田亀源五郎氏が描き下ろしたオリジナルアートワークも展示している。

田亀源五郎 プライドハウス東京2019 オリジナルアートワーク

【「木村べん 特別原画展 ’Rugby! ’ @プライドハウス東京2019」概要】
日時:10月3日(木)〜11月4日(月祝) 13:00〜18:00
内容:イラストレーター木村べん氏が遺した原画のうち、ラグビーをテーマとした作品を集めた特別原画展

【 「プライドハウス東京2019」 概要】
場所:subaCO(東京都渋谷区神宮前6-31-21)
期間:2019年9月20日(金)〜11月4日(月祝)
時間:13:00~18:00(定休日:火)
WEB:http://pridehouse.jp

タイトルとURLをコピーしました